2006年01月18日

No Fur!  〜毛皮問題を考える〜

愛護センター(保健所)で殺処分される犬のレスキュー活動に
関わるボランティアをやっています。
(センターから引き出して、里親さんを探す活動)

ボランティアは無理のない範囲で・・・ということで
我が家で一時的に預かって里親さんを探せるのは
年に1〜2頭程度です。

私が関わっているCATNAPという団体さんには
こういう一時預かりのボランティアさんが30人程度いらっしゃいます。

センターでのボロボロの姿、そして怯えた表情が
一時預かりさんの愛情でピカピカの毛艶に戻り、
キラキラの笑顔を取り戻し、
その後里親さんの元で本当に幸せそうに暮らしている姿を見ると
「こんな素敵なボランティアができて良かった!」って心から思いますし
本当に幸せな気持ちがします(^^)


このボランティアに関わるようになって
他にも良かった点が・・・。

それは、私の意識が凄く変わったこと。

今までは単に「犬、可愛い!」「犬、大好き!」だったのですが
今は「世の中にいる全部の犬に幸せに暮らして欲しい」と思うし
その思いは犬だけでなく、全ての動物に対して思っています。

全て素敵なボランティア仲間のお陰です。感謝!


最近気になっているのが
(季節的な原因もあるのですが)『毛皮』。

今までは町で見かけると「フワフワで可愛い〜♪」なんて思っていたし
母親が何着も毛皮のコートを持っていたって何も思わなかったし
過去に私も購入したこともあるし・・・。

しかし、世の中「No Fur」運動が盛んになるに連れて
色々な情報が耳に入るようになり
町で毛皮を見ると悲しくなるようになりました。

確かに世界には厳寒地があり
そういう所では毛皮が必要なのかもしれません。
毛皮以外に寒さから身を守る術がないのなら
それを非難するつもりは私にはなく
ただひたすらにその動物たちが苦しまずに逝かれることを願うのみです。

しかし、ファッションとして使われる毛皮はちょっと・・・ね。

「えー?ナンデ?」と思われる方は
是非、色々なサイトを見て勉強してみて下さい。

参考までにサイトを1つご紹介
http://www.arcj.info/fur/flash.htm



今日、
「そんなこと言ってたら、
 食べ物だって何も食べられなくなっちゃうじゃん」
と言われました。


ソウナンダロウカ・・・。


ヨーロッパではウサギを食用としています。
だからウサギの毛皮は良い・・・の?

食用のウサギの毛皮がそのままファッション用に用いられているのかは
私は知りません。

でも、全世界で使われている毛皮の量はもの凄いし
ウサギ以外に食用にされていない動物の毛皮だって大量に使われています。

そして、毛皮に用いられる動物の処分の仕方を知っていますか?

残酷そのものです。


確かに私は牛も豚も鶏も食べます。

でも「命を頂いている」という意識は常に忘れていません。

だから、極力食事は残さず頂くようにしています。

それがせめてもの動物に対する礼儀だと思っています。

野菜にだって同じ気持ちです。

感謝の気持ちは常に持っています。

だから食事の最初は「(動物・植物の命を)頂きます」と言うし
食事が終ったら「ご馳走さまでした」と言います。

形式で言うのではなく、感謝の気持ちなのです。



あなたの持っている「毛皮」のこと
一度よく考えてみて下さい。

そのコートのフードを縁取っているウサギの毛皮、本当に必要ですか?
自分のコートに何匹のミンクが使われているか、
そのマフラーに何匹のキツネが使われているか、
本当に必要なのでしょうか・・・。

あなたの持っている「毛皮」のこと
もう一度、よく考えてみて下さい。


私ももっともっと勉強します!
posted by Jenny。 at 00:00| Comment(6) | マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする