2011年03月17日

クレート

地震当日
クレートに入れずにフリーでマイキーとルークをお留守番させていた事を
本当に物凄く後悔しました。

我が家に来た事がある方ならお分かりの通り
我が家は「犬仕様」だから
基本的に物は殆ど置いていません。

悪戯しようと思っても
悪戯するのが難しい家なのです。
(家具を齧るくらいの悪戯は出来るけどね・・・笑)


それにマイキーやルークはもう8才で
悪戯に興味のある年ごろでもないので
「日なたで寝たり、ホットカーペットで寝たりしたいかなぁ」なんて思って
フリーでお留守番させていました。

また、寒い日はルークのオシッコが近くなるので
クレートでトイレを我慢させるのが可哀想に思ったりして
「行きたい時にトイレに行かれるように」なんて思ったりして。



地震の後、家の中を改めて冷静に見てみたら
やはり危険はいろいろあります。


壁にかけてある時計や絵などが落ちてくるかもしれません。
あちこちに置いてある大きな鏡が倒れるかもしれません。
ダイニングテーブルもガラスだし
リビングのテーブルもガラス製。
飾ってある花瓶や香水などもガラス製。

それに強い地震が来たら
窓ガラスが割れるかもしれないし・・・


考えれば、考えるほど、怖くなってしまいます。


「クレートでのお留守番は可哀想」という意見も多いですが
でも、マイキーとルークはちゃんとクレートトレーニングが出来ていて
クレートで過ごす事にストレスは感じないから
やっぱり以前のようにクレートでお留守番&就寝してもらう事にしました!

少なくともクレートに入っていれば
落ちてきた物が当たる事もないし
割れたガラスを踏んだりする事もない。

万が一、就寝中に地震などが起きたら
クレートをつかんで飛びだせば良いし!


クレート生活を再開した日は
「えーっ、ボクはふわふわベッドで寝てたいのに・・・」
なーんて言っていたルー君↓
110317-1.jpg


今はクレートの扉を開けていても、こうやって寝ています♪
110317.jpg


クレートで寝かせる事は、決して「可哀想」な事ではありません!!!

最初からクレートが大好きな子はいないかもしれないけど
でも、ちゃんと慣らしてあげれば良いだけです。

無理矢理「閉じこめる」んじゃ、ないんです(^^)


大事な子たちの安全を守るためだから、
やぱり私はクレートを使って行こうと思います。


我が家で預かる保護犬たちも
みーんなクレートトレーニングしています。


どうしても最後までクレートに入ってくれない子なんていませんよ♪

みんなクレートが大好きになるんです(^^)v



こうやってクレートに慣れていれば
万が一のときの避難生活でも役に立つはず!

posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | ためになる犬の話?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする