2011年07月26日

コーディネーター

*******


犬猫が飼いたいな〜♪と思ったら
【譲渡】という選択肢がある事を思い出して下さいね!

無責任な飼い主に捨てられ動物愛護センター(保健所)で
処分されそうになっている子をレスキューしています。

詳しくはCATNAPのサイトへ(^^)


*******



一時預かりのボランティアを始めて8年。
我が家の卒業犬は9頭という話しを先日書きましたが
CATNAPでのボランティアは一時預かりだけではなく
「コーディネーター」というのもやっています。


私がコーディネートしたご縁は
我が家の卒業犬の数を大幅に超えるものがあります。
(数え切れないので、数えていません!笑)


コーディネーターというのは
保護犬と、里親さんの橋渡しをする係の事です。


一時預かりさんからは
保護犬の性格等々のヒアリングをし
里親希望さんからは家族構成や環境等をヒアリングし
そのご縁が「ピッタリ」かどうかを判断します。


どんなに良いご家族でも
ご希望の犬と合わないと判断するケースも多々あります。


例えば、
子供が苦手な犬なのに、小さいお子様のいらっしゃるご家庭だったり…
物凄くエネルギッシュな犬なのに、比較的高齢のご家族だったり…
長時間のお留守番が不得意な子もいれば
性格的にお留守番があった方が良いと判断する事もあります。
言葉で上手く説明できないので理解されにくいのですが
「雰囲気」が合わないと思う事もあります。


コーディネーター個人の好き嫌いで決めるのではなく
保護犬1頭1頭の事をよく考え
相応しいご縁が見つかるまで根気よく待ちます。

これは一度悲しい思いをした保護犬たちに
二度と同じ思いをさせたくないという思い、
それまでの犬生を取り戻すくらい
デッカイ幸せをプレゼントしてあげたいからです。

勿論、保護犬を迎え入れて下さったご家族にも
「こんなはずじゃなかった・・・」と思って頂きたくないので
どんなに熱烈に希望されても
冷静な目でご縁を判断させて頂いています。


ご応募されるご家族は
ネットで保護犬を見つけ
「この子だ!」と運命を感じ
熱い想いで応募して下さいます。


でも、多方面から冷静に検討し
どうしても合わないと判断した場合はお断りせざるを得ず
その結果にご納得頂けない場合も多々あります。


私たちは簡単な気持ちでお断りしているのではないのですが
罵倒される事も時々あり
とても悲しい思いをします。



私たちは・・・

里親さんには「この子を迎えて本当に良かった」
と思って頂きたいだけ。

保護犬には
「この家族の一員になれて本当に良かった」
と思って欲しいだけ。


双方に幸せになって欲しいと
心底思っています。




余談ですが、コーディネーターは
一時預かりさんの気持ちにも配慮を欠かしません。

預かりさんたちは、
我が子同然に愛情をかけて下さっていますから
やはり納得出来るご縁でなくては
安心してお別れ出来ませんものね。




さてさて、閑話休題。



何故、今日はこの話題を選んだかと言うと
とっても嬉しい事があったからです♪


トイプーのさくら(現・紗菜ちゃん)には20件くらいのご応募を頂きました。

ご縁が結べるのは1件のみですから
当然、その他のご家族にはお断りをしたという事です。

叱られたり、恨まれたり
泣きつかれたりという事もありましたが
こういう涙が出るような嬉しい事もあります。

お気持ちのある素敵なご家族だったのですが
さくらとのご縁は結ぶ事が出来ませんでした。
しかし、その後に
さくらと同じブリーダー崩壊現場から引き上げた
「小糸ちゃん(現・セレーナちゃん)」とご縁が決まりました。

セレーナちゃんのブログを立ち上げて下さっているのですが
その中に、こんな記事がありました。

私の想いがZさんに届いていた事が分かり
本当に嬉しかったです(T_T)




頑張れ!東北
私の大好きなお菓子「かもめの玉子」です♪
岩手県大船渡市の銘菓。
110723-1.jpg

posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | ためになる犬の話?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする