2013年02月12日

タバコなんて嫌いだ〜!

*******


犬猫が飼いたいな〜♪と思ったら
【譲渡】という選択肢がある事を思い出して下さいね!

無責任な飼い主に捨てられ動物愛護センター(保健所)で
処分されそうになっている子をレスキューしています。

詳しくはアルマのサイトへ(^^)
(CATNAPは「一般社団法人アルマ」に生まれ変わりました)

*******



Jenny。はタバコがNGです。

煙を吸ってしまうと喘息になってしまいます。
(タバコに限らず、化学物質過敏症なんだと思います)
とーーーっても苦しいんです(T_T)


でも、それ以外にも嫌煙家の理由があります。



それは過去に大事な人を2人、タバコで亡くしているから・・・



1人目は20代前半の頃。
フツーに暮らしていた同級生の友人が、ある日突然、心臓発作で他界。
憧れていた職業に転職を果たし
まさに夢と希望に溢れた人生を歩んでいたのに
それが一瞬にして幕を閉じてしまったのです。

友人には日常生活になんら支障のない
小さな小さな心臓の疾患(異常)があったらしいと聞きました。
もしもタバコを吸っていなかったら・・・
命を落とすような事は無かったのではないかと思います。



もう1人は肺ガン。
タバコによる肺ガンのリスクはよく言われますが
末期の肺ガンがどんなに辛く苦しいか分かっていますか?

息を吸っても吸っても身体に酸素が入ってこない感じ。
水中に顔を無理矢理つけられているような苦しさだと言われます。


「自分の身体だ、自分の好きにさせろ!」

「肺ガンになって死んだって構わない。
 絶対に止めない!」


そんな幼稚な事を言う人を見る度に吐き気がします。

肺ガンを患って
誰の手も借りずに
誰の手も煩わせずに
全く誰の迷惑にもならずに世を去るなら良いですが
あなたの世話をする人の身にもなって下さい。

末期ガンの患者を世話するのって
「肉体的」にも「精神的」にも「金銭的」にも
どんなに大変か想像してみて下さい。


そして何より・・・

残された家族や友人が
どんなに辛く悲しい想いをするか想像してみて下さい。


あなたの命はあなたのものだけど
あなた1人のものではないのです。


辛く悲しい想いをしてから気付くのでは遅いのです。


私にとってどうでも良い人には禁煙をしつこく勧めたりはしません。

男女関係なく、私にとって大事な人には
「タバコ、やめなよ・・・」とシツコク言わずにはいられないのです。


ウルサイ!って言われても、言い続けちゃうんだからっ(T_T)




地震だ!放射能だ!と
死を身近に感じるとギャーギャー騒ぐくせに
これだけ身体に悪いと言われているタバコを止めない人って何なんでしょうね・・・


タバコは百害あって一利なし


タバコなんて吸わなくても
リラックスする方法はいくらでもある事に気付いて下さい。



今日の朝食♪Gontran Cherrier Tokyo のモンブラン
IMG_0741.jpg

posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする