2018年12月21日

ルークの発作

海外出張でロンドンに着いた翌日のお昼前。
日本時間12月21日20:00頃、突然父親からの電話が…。

用もなく電話してくる事はないので
これは間違いなく緊急事態。

そう思いつつ電話に出ると
ルークがひどい発作を起こしていて

痙攣が止まらず
うんちもオシッコも出てしまい
涎も垂れ、呼吸も弱くなってしまっていて
もしかすると死んでしまうかもしれないと。

兎に角、痙攣発作を早く止めてあげなくてはならないので
すぐにかかりつけに電話して連れて行って欲しいとお願いして
電話を一度切りました。

しかし、かかりつけ医は診療時間外。

かなり状態が悪いので救急病院に連れて行くことになりました。


救急病院につくやいなや
父から電話。

獣医さんに既往症についてなど、一通り獣医さんに説明。

兎に角、できる処置を全てやって欲しいとお願いしました。

老犬なのでいつ何があっても仕方がないと覚悟はしていたものの
2月の出張中にマイキーを亡くし
看取れなかった事が心残りだった私は
仕事でヨーロッパに行っていたのに全てを同僚に押し付けて
申し訳ないと思いつつ急遽帰国しました。
posted by Jenny。 at 00:00| マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする