2019年05月29日

ママの大失敗

今日は通院の日。
麻痺からの復活が早かったので先生、驚くねー!なんて思っていたら
予約時間の2時間前に先生から電話が。

「あれ?予約時間間違えていたかな?」と一瞬ドキッとしたのですが
「緊急手術が入ってしまったので、診察時間を早められますか?」との事でした。


命に関わる緊急オペなら
一刻も早く手術を開始してもわらないと!と
酸素室で寝ていたルークを叩き起こして
ダッシュで家を出た瞬間・・・


また発作が始まってしまいました(T_T)



完全なる私の失敗でした。



最新の注意を払ってルー君を扱わなくてはならないのに
熟睡していたところをウッカリ叩き起こしたり
振動を与えないようにソーっと歩かなくてはならないのに
ルークをスリングに入れてバタバタ歩いてしまったり。


ルー君、ごめんっ!!!!!




ついさっきまで絶好調だったので
発作止めを静脈に入れるために入れたままにしている針を
今日こそ抜いてもらうぞーと思っていたのに
結局、この針が役に立つ事になってしまいました。

あぁ、失敗。



幸いにも発作は軽いものだったので
注射で収まりましたが
ルークの肝臓にまた負担をかける結果になってしまいました。



1月に次いで2度目のうっかりミス。

こういう事でルークの発作を引き起こして
ルークの命を奪う事になったら大変です。


どんな時でも冷静に
そしてよく考えて落ち着いた行動を。

油断は厳禁!!!

深く反省。
posted by Jenny。 at 20:00| Comment(0) | マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

食欲全開!

私が自分の食事を作り始めると
酸素室で寝ていたルークはガバッと起き上がって
酸素室の横に空いている穴から《クンクン》し始めます。

この穴は酸素室の酸素濃度を調整するためのものであって
ここから鼻を出して呼吸しちゃったら
酸素室に入っている意味がないんですよね・・・(^^;)
448B76E6-AE04-407F-A71E-FA87D113E722.jpg
posted by Jenny。 at 22:00| Comment(0) | マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

すごいよ、ルー君!!!

昨日の朝、「何とかヤマは超えたなぁ」という感じで
これからのリハビリの日々は長くかかると思っていました。

それだけ今回は酷い発作でした・・・


昨日は何度ポカリを差し出しても飲んでもらえず
仕方なく夕方に皮下補液をしました。


それなのに、私が自分の夕食を作っていたら
ルークがガバッと頭をあげてクンクンし始めたので
「もしかして食欲が出たかな?」と
大急ぎでいつもの野菜ペーストを差し出してみると
「メッチャお腹空いてたんだよー!」と言いながら(?笑)
ものすごい勢いで食べてくれました。


体調は、ちょっと上向き!かと思っていたら
驚くほどの急上昇!!!


今後も血栓が飛ぶ可能性は常にありますが
今回の発作に関して言えば、食欲が出たので一安心です。


獣医さんは
「今回は寝たきりになるかも…」って言っていたけど
命さえあれば、寝たきりだって何だって構いません。

ルーのお世話はママが何だってしてあげるもん(^^)




なーんて思っていたのですが
今朝になったら上半身はほぼ元通りに力が入るようになってきました。

下半身は前回の発作でかなりダメージを受けたので
回復はちょっと難しいかな…





なーんて思っていたら
みるみるうちに回復し、夕方には立ち上がれるようにまでなりました!


この回復ぶりにはママもびっくり(@_@;)



流石に自力で立ったままご飯を食べたりトイレしたりは出来ませんし
当然、歩くことは出来ません。


でも、ルークの生命力&回復力には本当に驚かされます。


2日前の発作のとき「流石にもうダメかも・・・」と
病院で思わず涙が溢れてしまったママだけど
まだまだルークと一緒に居て良いんだね。

本当に嬉しいです。


神様、仏様、ご先祖様、
ロイス君、アンディ君、モモちゃん、ルナちゃん、マイキーさん
虹の橋にいるお友達、
そして元気玉を送ってくれた皆様、
みんなみんなみーんなのお陰です。

ありがとう!!!!!



歩くのはまだ難しいですが
バランスを取りながら立っていられるようになったルーク↓
1C983412-A6FF-447D-9272-AA6D90DAC1FC-thumbnail2.jpeg
posted by Jenny。 at 18:00| マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

ルークの戦い

昨日、大きな発作を起こしたルーク。

深夜3時半までキューキュー鳴きながら
バタバタと足を動かし続けていました。

その後、ようやく眠りにつき
朝10時まで寝てくれました。

お陰で私も少し眠れました。


ルークは10時に目を覚ますと立ち上がりたくて大暴れ。

麻痺で身体が思うように動かせないのに
必死に頭を振って立とうとし続けてています。

息が上がるし
心臓にも負担がかかるから
大人しく寝ていてくれたら良いのに…
残念ながら、そんなママの想いは通じません(><)


オムツを替えてスッキリしても満足せず、
食事を差し出しても、ポカリを差し出しても
「いらな〜い!」と首をブンブン振って拒否。


必要なお薬を注射で入れるか
それとも口から飲ませるか悩みましたが
意識があるようなので錠剤を喉に押し込んで飲んでもらいました。


この間もずーっとジタバタ暴れていて
何が何でも歩きたいらしいので
仕方なく全身を支えながら
ルークが満足するまで部屋の中をウロウロさせてみると
何と30分も歩き回っていました。


最初は首も座らず
四肢も全く力が入っていなかったのですが
歩いているうちに目つきがシッカリしてきて
首が座り
そして前脚には力が入るようにまでなりました。

後脚は左右交互に踏み出してはいるのですが
先端まで力は入らないので
流石に自力で立つ事は出来ません。

(3月の発作で後脚が麻痺してしまい
2ヶ月かかってようやく立ち上がれるようにまで
回復したところだったのにね。)


30分過ぎたところで
「そろそろ寝たら?」と提案すると
満足したようで大人しくなりました。

ルークの乱れた前髪を結び直して
酸素室に寝かせると
そのまま寝始めました。

休診日にも関わらず
獣医さんが気にかけて下さっていたので
ここで電話で報告。

先生も「取り敢えずは一安心ですね」と。


まだ水分も食事も口から摂れないし
またまたリハビリの日々が続きますが
ルークが戦っている以上、ママも頑張ります!

posted by Jenny。 at 12:00| マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

とうとう激しい発作が

昨日の小さい発作で上手く血栓が流れてくれていれば
大きな発作は起きずに済むかもしれないと
淡い期待を抱いていたのですが
残念ながら、そう上手くいくはずもなく・・・



15;20に千葉を震源とする地震が起きましたが
その直後にルークに大きな発作が起きました。

今まで地震に驚いたりした事はないので
きっと電磁波などの影響ではないかと思います。

元気な時は何の影響もなくても
これだけ身体が弱っていると電磁波の影響があったとしても不思議はありません。


それに今まで、静かに寝ている時にこんな発作を起こしたことはないし。


発作のきっかけについてはあくまでも推測ですけどね(><)



地震が起きて「あー、びっくりした」と思って一息ついた瞬間、
酸素室からカチャカチャと爪が壁に当たる音が聞こえ
ルークを見ると仰け反って目を見開いて
四肢をバタバタとして暴れていたのです。

大急ぎで発作を止める座薬を入れながら
獣医さんに電話。

いつもなら長くても5分くらいで発作が収まるのに
全く収まる気配がないので
病院に連れて行く事になりました。


大声で絶叫し続けるルークを抱っこして
渋谷の街を大激走。
こんな街の真ん中に獣医さんがあるなんて知らない人たちは
「なんだ?なんだ?」「どーした?」と振り返りつつ
皆さんが通り道を開けてくれました。

(ちなみに痛いとか苦しいとかで絶叫しているのではなく
発作の影響で、意識とは関係なく大声が出てしまうのです)



兎に角、早く発作を止めてあげたいのに
病院でお薬を入れても全く収まらず。



自宅での座薬に加えて
病院で2度発作止めを入れて頂き
ようやく効きました。



お薬の影響で眠ったルーク。


かなり息があがっていたので
酸素を吸わせながら点滴を入れ
目が醒めるまで病院で私は付き添わせて頂きました。


普通だったら30分で起きるはずと言われたものの
弱っているルークは1時間を過ぎても起きず。

1時間半を過ぎてやっと目が覚めてきたと思ったら
「キューキュー」と大きな声で鳴き続け
再び後脚をバタバタと動かし始めてしまいました。


しかし身体には一切力が入らずグッタリ。
頭を上げることすら出来ません。



発作が続いているのか

それとも発作の後遺症なのか



これは獣医さんにも判断がつかないとの事。



更に発作止めを入れるという選択もありましたが
散々悩んだ結果、
肝臓への負担も考えて
取り敢えず様子を見ることにしました。



夜間は無人になってしまう病院に入院させるより
家にある酸素室に寝かせながら
私が見守る方が良いとの判断で
必要な点滴やお薬を処方して頂きルークと帰宅。



発作を止めるお薬はあっても
血栓を溶かすお薬がないので
詰まっているであろう血栓を
ルークが自力で溶かすのを待つしかありません。


あれだけの発作を起こしても頑張れているのは
ルークの心臓が強いから。

心臓の弱っている子だったら頑張りきれないと思います。



ルークは小さい身体で精一杯戦っています。



ママは何の役にも立たないけど
思いつく事は何でもするからね。


取り敢えず、
電磁波から守ってくれる物を置き
天然石の力も借り
お守りに守ってもらっています。


そうこうしているうちに
痰がからんで苦しそうな呼吸だったのですが
突然、痰を吐きました。
少しは役に立ったのかなぁ・・・。

posted by Jenny。 at 22:00| マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

発作が

食いしん坊のルークは
食事の準備をしていると
香りを嗅ぎつけて、飛び起きて寄ってくるのですが
この数日、全く気づかない様子。

嗅覚も悪くなっているのかなぁ・・・

それとも食欲が落ちているのか・・・

それとも呼吸が苦しくて食べられる体調ではないのか・・・



用意した食事に寄って来ないので
食器の前に連れて行き
「ご飯だよー!」とアピールをすると
ようやく食べ始めるのですが
途中で休憩したり、微妙に残します。


調子の良いときは
「ママー、ご飯少なくない?
全然足りないんですけどー!!!」と
食器がピカピカになるまで舐めているのに
この2日は残すのです(><)

呼吸の苦しいルークは
お薬を喉に突っ込んで飲ませると
とても嫌がるので
今は食事に混ぜて飲ませるようにしているので
食事を残されるのは困ります。

でも、食べたくないものは食べたくないよね(><)



という訳で
「全部、ちゃんと食べてくれるかなぁ」と
じーっと昼食中のルークを観察していると

「あれっ?もしかして今・・・痙攣した?」

という瞬間が。


でも、その一瞬だけだったので気のせいだったのかも。





そして夕食時。

またまたジーっと見つめていたら
今回は中くらいの発作を起こしました。

それも数回。



やっぱり血栓が飛んでいたのね(T_T)



下半身に力が入らず、立って居られずに腰が砕けた感じ。
こういう発作は脳梗塞です。


でも脳梗塞で食欲が落ちる事はなかったので
呼吸も苦しいんだろうなー。

血栓を溶かすお薬がなく
なにもしてあげられないのが本当に辛いです。


普通の子と違って
血栓を溶かす力が強いと言われているルーク。

今回も乗り越えてくれますように・・・祈

posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

不安定な日々

昨日はかなり調子が良さそうでした。

ところが一晩で様子が変わり
朝、起きてみると呼吸が少し早く深くなっていました。

落ち着いて良かったと思ったのもつかの間、
先日の状態に逆戻りです。

通院の日だったので
獣医さんに「また悪化した」と訴えたのですが
良くなったところを診ていない先生は
「先週と変わっていない。悪化しているとは感じない。」と。

うーん。
そう言われればそうなんだけど・・・。

いずれにしても先週と変わりがないという状態は
「調子が良い」「普通の状態」とは言えないので
今度は抗生剤を試してみることに。

お薬漬けでごめんね、ルーク。

呼吸が苦しい状態を何とかしてあげたい!
posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

危なかった〜

先日のブログで
「今、肺の状態はそこまで悪くなさそうなので
別に調子の悪いところがあるのかもしれません。」と書いたものの
食欲がないのは異常がある可能性が高いので
早々に病院へ…

またまたレントゲン撮影してみたところ
心臓がまたまた大きくなっちゃっていました(><)

3月に具合が悪くなった際、
2週間も食事が摂れず激ヤセしてしまったので
そういう場合にそなえて体重を少し増やしてみたのですが
お散歩が出来ないルークは中年(老年?)の悲しい定めにより
お腹ポッコリちゃんになっていました。

そのお腹の脂肪が横隔膜の動きを妨げてしまい
呼吸がしずらくなり
その結果、心臓が頑張るしかなくなって大きくなってしまったそうです。

そして、気管支が押されて
またまたつぶれて息を吐くのが苦しくなっていました。

(ルークは息を吸うのは大丈夫なのですが
吐く時に気管支が潰れてしまい、吐くのが辛いんです)


お腹の脂肪を減らさなくてはならないので
お肉を減らして 代わりにお豆腐、
そして胃が食べ物で膨らんでいるのも横隔膜の動きを妨げる一因なので
1回の食事の量を減らして、1日3回食に変更です。

posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

どうしたのかなぁ

今年に入ってから、出来るだけ水分を摂らせるために
犬用のポカリを飲ませています。

気に入って飲んでいて
食器にポカリを入れているだけで寄ってきて
ガブガブ飲んでくれていたのですが
昨日から飲まなくなってしまいました。

前回、ポカリを飲まなくなった時は
肺梗塞を起こしていたときでした。

今、肺の状態はそこまで悪くなさそうなので
別に調子の悪いところがあるのかもしれません。

同時に昨日から食事も残すようになりました。

嫌いなゴボウを入れたからなのか
それとも苦いお薬が入っている事に気づいたからなのか
体調が良くないのか…


人間の言葉を話してくれない子のお世話は
気が気ではありません。
posted by Jenny。 at 00:00| マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする