2010年07月26日

進化する直くん

里親希望はこちらから↓
(ミニピン・アビー、若しくは パピヨン・直 と明記をお忘れなく!)
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P71002027
ご応募の前に必ずプロフィールを良く読んでご検討下さい。
直くんのプロフィールはここ
アビーちゃんのプロフィールはここ


保護犬の一時預かりも大募集中!
預かりスタッフが増えれば、救える命が増えるのです。
詳しくはこちら↓
http://catnap.coco.co.jp/azukari/top.htm
(一時預かりに関するご質問はJenny。までどうぞ)

*******

保護犬たちの過去は全く分かりません。
でも、一緒に生活していると過去が垣間見えることもあります。

直くんと接していて感じることは
「あまり話しかけてもらっていなかったんだろうな〜」って事(><)


犬を飼っている人なら分かると思いますが
人間の言葉を発することは出来なくても
私たちが話しかけると普通の成犬だったら一生懸命に顔を見て
何を言っているか理解しようという姿勢が感じられますよね。

何だか理解出来ないときは
クビを傾けたりもしますよね!

でも、残念ながら直くんはあんまり反応がありません(T_T)


そして、直くんは何一つキュー(合図)を理解できません。


普通は、どんな子でも「お座り」くらいは教わっていますよね〜。


色々と思いつく事を試してみましたが
直っちはなーんにも出来ません(^^;)


どんなに放置されて育ったやら???


私がキューを教える目的は「芸を仕込む」のとは別問題。

例えば、動物は先端を触られるのが苦手だったりするので
手先や足先などを触られるのを嫌う傾向にあります。

そういう子たちに「お手」を教えることで
手先を触られる事に慣らす事が出来るのです!


そう考えると直くんは何をされても怒らないし
キューを知らなくても、そんなに困ることはありません(^^)v


「これからの生活で少しずつ、人間の言葉を覚えていけばいいよね」
なーんて思いながら生活を始めて1ヶ月ちょっとになりますが
直くんは着実に進化を遂げていますよ〜♪


今までは「抱っこ」って言って手を出すとビビって逃げていた直くんですが
ついに「抱っこ」って言うと自ら私の膝に手をかけるようになりましたし
今までは自ら勝手にサークルに入る事はあっても
必要な時に誘導しても上手に入ってくれない子だったし
クレートはあまり好きじゃない様子だったのですが
昨日くらいからは、
誘導するとクレートにスイスイ入ってくれるようになっただけでなく
生活のパターンを読んで
自らクレートに入って寝るようになっちゃいました(^^)

(直っちの大好きなサークルはアビーちゃんに譲っちゃったので
 今はお留守番と就寝時にはクレートに入ってもらっています)

これって凄い進歩ですね!!!!!


100725-1.jpg


我が家で預かる子たちはハイパーズばかりだったので
直くんのような大人しい子は初めてなのですが
本当にお利口さんで全く手がかかりません。

我が家に直くんが10頭いたって全然余裕だと思いますよ(笑)
何でこんな子を捨てるんだろう???



今日のランチ♪天山かけ(温)
100726-2.jpg

posted by Jenny。 at 00:00| Comment(2) | 保護犬(直くん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
少し興味があるのでメールを送らせて頂きました。

●里親になりたい経緯
今まで飼っていた、4頭の犬が離婚によって妻に引き取られました。
犬が居なくなった家は寂しいものです。
特に、父がしょんぼりしています。

●飼育歴
以前飼っていた犬は、パピヨン2頭、雑種1頭、ダックス1頭です。
パピヨン1頭は家で生まれています。
家で生まれた1頭を除いて、全て拾ってきた犬です。

●環境
一軒家で、常に父は家に居ます。
近くにはグラウンドもあり遊ばせる事も出来ます。

次も飼うならパピヨンと決めています。
日記を読んでいまして、ちょっと「うる」っときました。
「直くん」「らん太郎くん」2頭とも引取たいと考え中です。


まだ決心がついておりませんが、現状で問合せ等ありますか?
Posted by 飯野 at 2010年08月04日 18:34
飯野様、コメント有り難うございます。保護犬たちは「トライアル決定」と書かれていない限りはまだ新しいお家は決まっておりません。申し込み順で決める訳ではないので、複数のご家族からお問い合わせやお申し込みを頂いても、直に環境が合わないと判断した場合は全てお断りして、何ヶ月、何年かかっても違うご縁を待つことになります。現段階では、直の里親さんは決まっておりません。この先何年もの生活、そして直の犬生に関わる問題ですので、よくお考え下さい。
Posted by Jenny。 at 2010年08月04日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。