2011年08月14日

背中の傷

*******


犬猫が飼いたいな〜♪と思ったら
【譲渡】という選択肢がある事を思い出して下さいね!

無責任な飼い主に捨てられ動物愛護センター(保健所)で
処分されそうになっている子をレスキューしています。

詳しくはCATNAPのサイトへ(^^)


*******


リンちゃんの背中にはビックリするような大きな傷があります。

保護時の写真を見て
ゾッとした人も多いと思います。

あの傷は切ったり縫ったりしたものではありません。

激しく擦りむいた後のハゲ・・・って感じです。


虐待かな?とも思いましたが
あんなに長い傷を負わせる事が可能なのかは疑問です。

だって、、、リンちゃんはチョーすばしっこいんだもん(^^)

何しろミニピンですから
起きている時間はずーっとチョロチョロと歩いていますし
とにかく落ち着きはありません(笑)

そして凄い運動能力なんですよぉ♪

こんなリンちゃんが
背中をザーッと擦るような虐待を受けるとは思えません。
(絶対に途中で逃げ出すと思います)


お散歩中のリンちゃんを見ていると
とにかく「猪突猛進」という言葉がピッタリくるような子なので
何かに夢中になって狭い所に入り込み
自ら怪我したような気がします。
(だって、胸にも同じようにハゲがあるし・・・)

あっ、これはあくまでも私個人の考えであって
本当のところは誰にも分かりませんけどね(^^;)


現在、この傷はほぼ治っていて
カサブタすらありません。

但し傷が治る段階が痒いようで
お口でガジガジしてしまった所があり
そこだけはまだピンクです。

でも、レメディクリームを塗るようになってから
ガジガジしなくなりました。
(だからお洋服も脱がせました)

但し、傷の部分は毛根が死んでいるかもしれないので
今後、毛が生えてくるかは分かりません。


まぁ、ちょーっとくらいハゲがあったって
それを補って余りあるほど
とっても可愛い性格だし
お顔も美人さんのリンちゃんですから
気にするのは止めましょう♪


超甘えん坊さんですが
私がPCに向かっていると、こうやって大人しく一人で寝てくれます。

「私、意外とオッチョコチョイなの!背中の傷はお転婆の印よん♪」
110814.jpg


【重要なお知らせ】

現在、「動物取扱業の適正化について(案)」に関する
パブリックコメントを環境省が募集しています。

悪徳繁殖業者を排除・殺処分を減らすためにもご存じなかった方は
是非拡散並びに参加をお願い致します。



関係資料は → こちらhttp://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069



募集期間 7月28日(木)〜8月27日(土) 


これは2012年の動物愛護管理法改正に関わるもので、
改正は5年に一度しか行われず、極めて重要なものです。


「生後8週齢以下の販売を禁止する」以外でも
「深夜の生体展示規制」「移動販売禁止」など、
これらの法案が成立するよう、是非皆さんの声を届けてください。

全部の項目に答える必要はなく、関心のある項目だけで構いません。

書き方については、詳細に説明してくださっているホームページも数多くありますので、
検索のうえ、参考にして頂ければ幸いです。

「意見」と「その理由」を書くやり方が一般的なようですが、
意見については「〜については賛成」、
「〜すべき」というように分かりやすく、箇条書きにした方が良いようです。



私たちの大事なパートナーたちを取り巻く環境が
少しでも改善されるように
ブログをお持ちの皆さんは
是非、読者の皆さんに呼びかけをお願いします m(__)m
posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | 保護犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。