2013年02月20日

今年のJenny。は、ちょっと違う!

*******


犬猫が飼いたいな〜♪と思ったら
【譲渡】という選択肢がある事を思い出して下さいね!

無責任な飼い主に捨てられ動物愛護センター(保健所)で
処分されそうになっている子をレスキューしています。

詳しくはアルマのサイトへ(^^)
(CATNAPは「一般社団法人アルマ」に生まれ変わりました)

*******




今年のJenny。は、ちょっと違う!!!


何がどう変わったかと言うと・・・




「貯金するんです」




ははは・・・今更、この年齢で?って感じですね(^^;)




元々、数字が大嫌いで
お金の計算が苦手で
あれば全部使っちゃうタイプ。



でも、この年齢でこんなに貧乏で良いのか?と。



私は100才まで(元気に)生きる予定でいるので
やっぱり年金だけでなく蓄えがないと
厳しいんじゃないかと考え始めました!!



まぁ、自分としては今までも「無駄遣い」はしていないと思うんです。
それに贅沢という贅沢もしていない。

全部必要経費だったと・・・。



そんな訳で、取り敢えず家計簿をつけるところから始めました♪



ケチケチし過ぎると心が荒むので
無駄があったら、改善しようと思っています(^^)



1ヶ月半が経ちましたが
家計簿を見て思うのは
「まいるう経費」が幅をきかせているという事。

でも、医療費・食費・トリミング代だから
こればっかりは減らせないなぁ〜。


さて、1年でいくら貯まるかな?!
ちょっと楽しみ♪♪♪



みなさん、犬を飼うというのは
とーってもお金がかかる事なんですよ(^^;)

飼う前に家計ともよーく相談してみて下さいね。



ちなみにマイキー&ルークの場合(1ヶ月)

食費     20,000円(完全手作り食)
トリミング代 10,000〜15,000円
       (プードルですから、トリミングは欠かせません)
トイレシート代 2,000円
医療費 ???


医療費は、元気なうちは予防接種やフィラリア予防薬程度ですが
病気になると結構かかってしまいます。

ルークのアトピーは保険がきかない自然療法だったため
この1年は毎月10万円を超えていました。
今は、少し症状が落ち着いてきたので、そこまではかかっていませんが。

(ルークの医療費ですが、
 今までの10年を全部合わせたら200万円は超えていると思います。
 「バカじゃないの?」とか
 「そんなにかけられて良いわね」とか言われるかもしれませんが
  目の前で血だらけになって、
  悲鳴をあげながら掻きむしっている子を放置は出来ません。

 「まいるう」の食費ですが、
 ルークのアトピーを考えて、
 余計なものが一切入っていない一番安心な食事を
 という事で完全手作り食になりました。
 理由が理由なので、有機野菜を使ったり、
 人間が食べるレベルのお肉を使っているので
 どうしても高くなってしまいます。


 正直、一時的に私がご飯とおみそ汁のみという
 淋しい食事をしていた時もあります(@_@;)


 私の飼い方に色々と批判もあると思いますが、
 犬を飼う前に色んな事を真剣に考えて頂きたいので
 敢えて金額まで公表しました。
 決して自慢話でも何でもありません。)



よっぽどの余裕がないと、
イザって時に
私のようなチョー貧乏生活になっちゃうんです(^^;)


それでも私は、犬のいる生活を選びますけどね♪



犬は「動くぬいぐるみ」ではありません。


【命】です。


「可愛い!欲しい!」ではなく
よく考えてから、家族に迎え入れましょうね!




苺がいっぱい〜っ♪♪♪ しあわせ〜っ♪♪♪
IMG_0753.jpg

posted by Jenny。 at 00:00| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。お元気ですか?我が家は、大家族(主にワンニャン)で頑張っています。

ブログ拝見して、本当にその通りって思いました。ワンニャンと暮らすことはお金もかかることです。病気になったらなおの事。年を取ったら、介護だってあるでしょう。それだけのことを考えて、動物との生活を始めてほしいですよね。ただ、寂しさを紛らわすというだけでなく・・・。

私も、それでも、彼らとの生活を選びます。我が家もワンニャンゲル係数がものすごく高いです(^_^;)
Posted by Mikiko at 2013年02月23日 01:42
Mikikoさん、お久しぶりです!ブログ、拝見していますよ〜♪
病気になって捨てられる子が後を絶たないですよね・・・。お金はかかって当然。きちんとそういう事まで考えてから飼って欲しいです(T_T)一時期の感情で入手できる、この社会にも困ったものですよね。
みんなの意識が変わるように、少しずつですが啓蒙活動も頑張らねば!!
Posted by Jenny。 at 2013年02月25日 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。