2013年03月08日

都バスへのクレーム

*******


犬猫が飼いたいな〜♪と思ったら
【譲渡】という選択肢がある事を思い出して下さいね!

無責任な飼い主に捨てられ動物愛護センター(保健所)で
処分されそうになっている子をレスキューしています。

詳しくはアルマのサイトへ(^^)
(CATNAPは「一般社団法人アルマ」に生まれ変わりました)

*******



態度の悪いバスの運転手について
クレームしたいところなのですが
ほぼ毎日クレームしなくちゃならなくなっちゃうので
最近は諦めモード(^^;)

いくら正義感が強くても
毎日クレームするのは疲れますので・・・


それに、すごく素敵な運転手さんもたまーーーーーに出会います。
そういう方々を褒めずに
クレームばかりするのも不公平かな?なんて思っちゃって。




で、一度だけ、絶対に許せない!と思い
こんな運転手はクビにするか、洗車係にしろ!と
怒鳴った事があります。へへへ。


少し前の話しになりますが
お婆さまが、お金を払うのに小銭が上手く出せず
ちょっと時間がかかっていました。

次に乗り込もうとしていた私は
お婆さまを焦らせる事もないと思い
ステップに片足をかけた状態で待っていました。

それが運転手のカンに障ったらしく
私に「さっさと乗れ」的な事を言ったのです。

でも、お年寄りを急かすのは好きじゃないので
私はそのまま待っていたんです。
(だって、何分もかかる訳じゃないんだしね)


そうしたら、バスの運転手がドアを閉めたんですよっ!


えぇ、私はドアに挟まれました(@_@;)


こんな性格の悪い運転手とは口もききたくないし
本人にクレームしたところで埒が明かないと思ったので
終点の渋谷駅で下車したときに
係員の人に「クレームはどこにすれば良いのですか?」と尋ねました。


運転手は大慌ててバスから降りてきて
色々な言い訳を始めましたが
「言い訳無用。私はドアに挟まれました。
 あなたとは話しをする気はありませんっ。
 然るべきところに正式にクレームします。」と言い放って
その場を去りました。


閉まりかけたドアに無理矢理足を出して挟まれた訳じゃあるまいし
完全に私がいる事が分かってて挟んだんですからね〜
許されると思ったら大間違いですよ!


で、最終的にクレーム担当の方と電話で話しをしました。


事の全てを報告し、勿論、運転手の名前も伝えました。


担当の方の話しによると
やはり運転手に関するクレームはあるらしいです。
(名指しするクレームはそんなにないと思いますが)


が、どんなに教育しても直らない・・・と辟易しているので
何だか私が同情して終わっちゃいました(笑)


でもね、教育の仕方がなってないんじゃないかと思うんです。


相手がどんな思いをしているか分からない人たちなんだから
どんなに説明されても、
どんなに注意されても、
なかなか理解は出来ないんじゃないのかな〜。


私がバスの運転手の態度や運転の仕方が気になるようになったのは
やはり自分が膝の手術をして松葉杖でバス通勤してた頃からですから。


松葉杖ついてるから、お財布出すのもモタモタしちゃうし
席に着こうとしてもモタモタしちゃう。

膝が上手に曲げられないので
座ってから手で膝をグイッと曲げて収納(?)しないと
通路に足が飛び出たまま・・・

そんなんで、バスに乗る度にアタフタと大忙しだったのですが
やはり運転手は待ってはくれず
何度となく危険を感じたし、焦らせられて大変だったし
本当にイヤな日々でした。


運転手になる人には
是非、お年寄り体験スーツを装着して街をウロウロしたり
公共交通機関を利用してみて欲しい!!!!!


それから、車いすに乗って街をウロウロしてみたり
片足を使えないように足を縛って松葉杖を体験してみたりね。


あとは・・・赤ちゃん連れの体験とか
小さい子供を連れての体験とか。


勿論、バスの運転手だけでなく
色んな人に体験してみて欲しいです。

本当は体験してみなくても、
相手の事を想像し、思いやれる優しい心を育てる事が1番なのですが!



今日のディナー♪
IMG_0840.jpg

IMG_0841.jpg
posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。