2013年11月30日

ルークの治療 その2

そしてついに・・・


再び西洋医学の治療に戻す事に決意。


今まで、ステロイドを嫌い
そして免疫抑制剤を使うのを避けてきましたが
もうそんな事を言っていられる状況ではありません。


私の目標は
とにかくルークを痒みから開放してあげること。


エリザベスカラーを外して生活させてあげたい。
夏の暑い時期は洋服を着ることなく過ごさせてあげたい。



4年間の努力が意味がなかったとは思いませんが
(お陰でルークの血液検査は素晴らしく良い数値です)
それでも、ステロイドを飲ませる事は私にとっては辛い決断でした。


本当に飲ませて良いのか。
今まで一生懸命にデトックスをして
身体の芯から健康にするために頑張ってきたのに
その努力が無駄になるのではないか・・・

副作用のあるステロイドに手を出す以外、本当に道はないのか・・・


毎日、毎日、悩みました。


ストレスから無意識に歯を食いしばり続けていたようで
歯が痛くなり食事が出来なくなった日々もありました。
(柔らかい物を食べていたので痩せなかったけどね)


味覚障害にもなりました。
舌が痺れて、何を食べても味が全く分かりません。
(同時に仕事も忙しくてストレスが凄かったからね)


それでも、やっぱりルークが笑顔で生活できるのが1番ですから
腹をくくってステロイドを飲ませる事にしました。


幸いにも4年間、ステロイドを飲ませる事もなく
デトックスもしてきたからか
ルークの血液検査の結果はかなり良好。


自然療法の先生にも
西洋医学による治療に戻る事を
きちんとお話しをして理解を頂きました。

西洋医学の先生にも
今までの4年間の治療を報告し
再びお世話になるご挨拶にも行きました。



そしてついに・・・ステロイド開始です。



とにかく痒みゼロを目指したいという私の希望で
がっつりステロイドを飲ませて痒みを消し
その後、ステロイドを徐々に切って行くという方針になりました。

だから、結構な量のステロイドを投与しています。



飲ませ始めて約1ヶ月になります。


ルークの痒みは20%くらいにまで減った気がしますが
まだエリザベスカラーも洋服も放せません。


元々ステロイドの効きが悪くて
東洋医学に移行したくらいですから
今回もスッキリ痒みが消えるというのは難しいのかもしれません。

獣医さんによると
こんなにステロイドが効かない子は5%未満かな〜との事。


私の気持ちが凹み過ぎて
効く薬も効かないのかしら・・・(T_T)



今後もルークの状態を時々レポートしていきますね。


アトピーなんかに負けないゾ!!!!!



おぼっちゃまなので
寒い冬は2段ベッドです〜(^_^)
(2重ベッド?)

image-20131210204328.png
posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | マイキー&ルーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。