2014年12月26日

犬、拾いました

*******


年間17万頭もの罪のない犬猫が
動物愛護センター(保健所)で殺処分になっています・・・


犬猫が飼いたいな〜♪と思ったら
【譲渡】という選択肢がある事を思い出して下さいね!

無責任な飼い主に捨てられ動物愛護センター(保健所)で
処分されそうになっている子をレスキューしています。

詳しくはアルマのサイトへ(^^)
(CATNAPは「一般社団法人アルマ」に生まれ変わりました)


アルマにショッピングサイトが出来ました♪
良かったら覗いてみてね(^^)
A-SHOP


次回の里親会のお知らせ
次回のフリーマーケットのお知らせ

*******



用事があって九十九里までガーベラさんとお出掛けをしていたある日・・・

お店に立ち寄ろうと車を降りた瞬間に
茶色いプードルさんが私に駆け寄って来ました。

繋がずに店先をウロウロさせて危ないな〜なんて思っていたら
「犬を捨てて行くんじゃないよっ!」
「うちは食べ物屋やってて大迷惑なんだからっ!」
と、突然お店のおばーさんに怒鳴られました(@_@;)


「あっ、あの・・・私の犬ではないんですけど」と言ってみたけど
頭に血が上っちゃっているおばーさんは聞く耳持たず(><)


そうこうしているうちに茶プーさんは車道をウロウロしだす始末。



「どうしたの?」と車を降りてきたガーベラさんに
「どうしよう。捨て犬らしい・・・(T_T)」と私が言うと
何の躊躇もなくガーベラさんは速攻で保護し
偶然車に積んでいた空のクレートに。

(ガーベラさん、格好良すぎです。)



勿論、私の選択肢にこの茶プーさんを
見て見ぬ振りをして置いていくなんて事は
あるはずがありません。

(どんな犬種であっても、ガウ犬であっても勿論保護します。
不得意で抱っこできない猫ちゃんですら私は過去に2度も保護してますからね。
どんな子であっても放置できるはずがない!)


でも、オロオロと一瞬手を出せずに躊躇していたのは
頭の中にはセンターの子たちが浮かんでいたから。

センターには常に命の期限にさらされている子たちがいるのです。

それに、年末年始は極力暖かいお家で過ごさせてあげたくて
アルマの全スタッフが力を合わせて
いつもにも増して頑張っている時期。
それでも引き出し切れない子たちもいるのです。

日々、悩みに悩んでいるっていうのに
「なんで捨て犬に出会っちゃうのよぉ〜!私のバカバカバカ〜っ!」・・・
と、自分の運命を呪いました。


でも、やっぱり連れて行くしかない!


アルマに迷惑をかける事はできないから
私が個人で頑張ろう!

私に助けを求めてきた子だもの。
何とかするしかない。
やって出来ないことはない。
頑張るぞ〜!!!

(と、心の中でブツブツ・・・ブツブツ・・・)


糞尿まみれで全身がフェルト状の茶プーさん。
毛が伸び過ぎていて、どんなお顔なのかも分かりません。

猛烈なホームレス臭で気絶しそうになりながら(?)搬送。
(一緒に車に乗っていた秋田犬のベンも大迷惑だったよね。ごめーん。)


年末のこの時期は予約に空きのあるトリミングサロンも見つからず
アルマの皆さんに助けを求めたら
ティアハイムでやりましょう!と手を差し伸べて下さいました。
(お忙しい中、本当に有り難うございました)

ガチガチに固まったウンチまみれの茶プー君。
何時間もかけて鎧を脱がせました。
(元気はあるけどビックリするほど激痩せ君でした)


どこから見ても迷子ではなく
飼育放棄でポイされた子ですが
勝手にもらう訳にはいきませんので
可哀想だけど、一度センターへ・・・。


飼い主が名乗り出る事もなく
期限が切れた24日にガーベラさんにお迎えに行って頂き
茶プー君はアルマの子になりました。
(私個人ではセンターから引き出せないので、結局はアルマにお世話になる事に。
アルマの皆さん、本当にごめんなさい。)



勿論、一時預かりは責任をもってJenny。が。



こんな訳で、トイプー♂マロン君(仮名)の里親さん探しの旅がスタートです!



皆さん、応援を宜しくお願いします m(__)m




身体を丸刈りにしたところで休憩。
腹ぺこマロン君はモリモリご飯を食べました!
(前髪を結んだら可愛いお顔が・・・)
71CC6F5F-840A-4B25-BFD4-4A3EA7EE6C5E.jpg
posted by Jenny。 at 00:00| Comment(0) | 保護犬(マロン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。